練馬区大泉学園の歯医者、北園ゆり歯科クリニックのホームページです。

インプラント

03-5905-1777

WEB予約はこちら

メールでの相談も受付中

安心・安全のインプラント治療

「歯が抜けてしまったけれど、入れ歯をいれるのは嫌」「いつまでもしっかり噛んで食べたい」――歯が抜けてしまった人の願いを叶えてくれるのがインプラント治療です。練馬区大泉学園歯医者、北園ゆり歯科クリニックでは、安心してインプラント治療を受けていただけるようさまざまな取り組みを行っています。

いつまでも自分の歯のような感覚で噛みたい

いつまでも自分の歯のような感覚で噛みたい

インプラントとは、人工の歯の根っこのこと。歯が抜けてしまった顎の骨にインプラントを埋め込み、その上にセラミックの人工歯を取りつけます。

インプラントに使われる「チタン」という物質は、人間のからだとの相性がよく、骨としっかり結合する安心の素材。その上に取りつける歯は患者さんに合わせて1本ずつつくるので、噛み心地も見た目も天然歯とほとんど変わらない仕上がりになります。

インプラント治療によって、硬い食べ物でも、まるで自分の歯のようにしっかり噛むことができます。いつまでも自分の歯で噛んで食べたい人には大変有効な治療方法です。

インプラントのメリット・デメリット

インプラント治療にはメリットもデメリットもあります。それらをきちんと理解したうえで、よりよい治療方法を選びましょう。

メリット デメリット
  • 安定しているので噛み心地がよい
  • 定期的なメンテナンスを行うことで長く使用できる
  • 歯の本数に関わらず治療できる
  • 天然歯と見わけがつかないほど美しい
  • 自費診療なので高額になる
  • 外科手術が必要なため、からだに負担がかかる
  • 持病によっては治療が受けられない
  • 治療が完了するまでに3ヶ月~数年かかることがある
  • 定期的なメンテナンスを行わないと、インプラント周囲炎になることがある

安心・安全のインプラント治療

安心・安全のインプラント治療

インプラント治療では、インプラントを顎の骨に埋め込むとき、からだに負担をかけることになります。正しい位置に正しい角度で埋め込むことができないと、神経や血管を損傷したり、神経麻痺を起したり、腫れやあざなどが生じたりすることがあるのです。

当院では、治療前にしっかり検査を行い、万全の体制でインプラント治療を行っています。手術前にも患者さんがご納得いくまでご説明しますので、どうぞご安心ください。

歯科用CTで正確に診断

当院では歯科用CTを利用して、歯の位置だけでなく顎の骨の厚み、血管や神経の経路などを3次元画像で把握します。従来の平面的なレントゲン画像では確認できなかった部分を正確に検査・診断でき、より精密な治療計画を立てられます。

生体モニターで状態を詳しく把握

外科手術をともなうインプラント治療は、生体モニターを使用して、血圧、脈拍、動脈血中酸素飽和度などの状態を把握しながら行っています。高血圧や心疾患のある患者さんの場合でも安全を確保しながら治療を進めることができます。

サージカルガイドで手術時間短縮

サージカルガイドとは、インプラントを埋め込む位置や角度、深さなどの精度を高めるためのガイドです。このガイドを使うことにより、手術時間を大幅に短縮でき、患者さんのからだへの負担も最小限に抑えることができます。

歯科用CTで正確に診断

当院では歯科用CTを利用して、歯の位置だけでなく顎の骨の厚み、血管や神経の経路などを3次元画像で把握します。従来の平面的なレントゲン画像では確認できなかった部分を正確に検査・診断でき、より精密な治療計画を立てられます。

骨量を増やす処置と組み合わせて治療

骨量を増やす処置と組み合わせて治療

インプラント治療では、インプラントを埋め込むためにじゅうぶんな顎の骨が必要になります。
したがって場合によっては「骨の量が足りない」という理由で、インプラント治療できない場合もあるのです。

当院では、骨の量を増やしながらインプラント治療を行うという方法もとっています。ほかの歯科医院で、骨量不足のためにインプラント治療を断られた方も、一度ご相談ください。インプラント治療を可能にするための治療計画をご提案いたします。

ソケットリフト法
  • ソケットリフト法1
  • ソケットリフト法2
  • ソケットリフト法3

上顎の骨の厚みが4~10mmの方を対象に行われる方法です。上顎の骨の上にある空洞を押し上げて、そこに骨の補てん剤を注入します。歯肉を切開しないので、術後の痛みや腫れが少なくてすみます。

サイナスリフト法
  • サイナスリフト法1
  • サイナスリフト法2
  • サイナスリフト法3

上顎の骨の厚みが1~5mmの方を対象に行われる方法です。上顎の骨の上にある空洞の底部を持ち上げて、そこに骨の補てん剤を注入します。骨量を確保できてからインプラントを埋め込みます。

GBR法
  • GBR法1
  • GBR法2
  • GBR法3

顎の骨が薄いところに「メンブレン」という特殊な膜を置き、骨の補てん剤やからだの別のところで採取した骨を注入して骨量を確保します。歯周病治療にも用いられる方法です。