練馬区大泉学園の歯医者、北園ゆり歯科クリニックのホームページです。

小児矯正

03-5905-1777

WEB予約はこちら

メールでの相談も受付中

お子様の成長のためにも歯並びに気をつけましょう

歯並びは見た目の美しさだけでなく、からだ全体の健康とも深い関わりがあります。練馬区大泉学園歯医者、北園ゆり歯科クリニックが、子どもの歯並び小児矯正についてご説明します。お子様の歯並びで気になることがあれば、早めにご相談ください。

小児矯正は早めに相談しましょう

小児矯正は早めに相談しましょう

親御様の中には、「子どもの歯列矯正はいつから始めたらいいの?」とお悩みの方も多いことでしょう。中には、「矯正は永久歯に生え替わってから……」とお考えの方もいらっしゃるようですが、お子様のためにも早めの検査がたいせつなのです。

歯は顎の骨に支えられおり、そのバランスが歯並びに大きく関わります。顎の成長段階にある子どもの頃から矯正を始めることによって、顎の発育も考慮しながら矯正治療を行うことができるのです。

歯並びが乱れていると、お子様の成長にどんな影響があるのでしょうか? 例えば歯並びの乱れから発音がうまくいかないことがあります。また顎とのバランスの悪さから、顔の形が歪んでしまうことも。さらに、ブラッシングしづらい箇所ができるために虫歯や歯肉炎が起こったり、口臭の原因になったりもするのです。

歯の噛み合わせが乱れていると、頭もからだもうまく働きません。肩こりや頭痛が起こったり、うまく噛めずに時間がかかってしまい、給食の時間内で食べ終えることができないなど、お子様が生活するうえで、いろいろなところに悪影響を及ぼしてきます。

当院では、顎も含めお子様のお口の中の発育状況をしっかり検査します。そのうえで、いつ矯正を開始したらいいのか最適な時期をアドバイスしますので、まずはお気軽にご相談ください。

子どもの矯正治療の流れ

矯正は、お子様のお口の状態により期間や方法が異なります。きちんと検査し、問題点や治療内容を納得していただいてから治療を開始しますので、どんなことでもご相談ください。

1 初診・カウンセリング

初診・カウンセリング

歯並びの気になる点について、医師にご相談ください。大まかな症状を把握したうえで、治療の流れ、方法、期間、費用などについてご説明いたします。
2 検査
口の中の写真やレントゲン、歯型などをとって細かく検査し、診断および治療計画をたてるため準備をします。
3 診断・ご説明

診断・ご説明

検査資料を分析し診断します。治療開始時期、期間、方針、方法、費用、支払方法などを具体的にご説明いたします。
4 前期治療

前期治療

乳歯がまだ残っている子どものうちに行う治療です。歯の生え方や顎の発育状態を見守りながら、それぞれの段階に必要な治療を行っていきます。また治療に合わせて、ブラッシングの指導、フッ素塗布、お口の清掃なども行います。前期治療のみで終了する場合もあります。
5 後期治療

後期治療

永久歯全体の歯並びの治療が必要な場合は後期治療に入ります。永久歯がだいたい生えそろってから治療を始めます。正常な噛み合わせになることを目標として、おもにマルチブラケット装置を使用して行う治療です。治療期間は、1ヶ月に1度の来院で1~3年程度かかります。
6 保定治療(アフターケア)
治療後の歯並びが安定するまで、後戻りを防ぐ保定装置をつけて、定期的に観察していきます。始めは1ヶ月後、2ヶ月後……と、来院の間隔をあけていきます。歯並びが安定したら治療終了です。少なくとも2~3年は保定を行い、経過観察を行います。

矯正装置

当院では、次のような装置を使ってお子様の歯列矯正を行っています。お子様の歯やお口の状態に合わせて最適な方法をご提案しています。

床矯正

床矯正

取り外しできる矯正装置です。顎の骨の成長をサポートして、大人の歯が生えてくるスペースを確保します。歯が少しずつ動くため、効果が現れるまでに時間がかかります。装置の費用は比較的安く、気軽に取り組んでいただける矯正治療です。

マルチブラケット

マルチブラケット

永久歯での矯正治療で一般的に使用される矯正装置です。ブラケットとよばれる小さな器具とワイヤーを歯の表側に取りつけます。ワイヤーを交換したり調節したりして歯を動かしていきます。

上唇小帯付着異常について

「小帯(しょうたい)」とは、下の唇を指でつまんで引っ張ったとき、上唇と下唇の中央にみられる帯状の筋です。このうち、上唇側にある筋を「上唇小帯(じょうしんしょうたい)」とよんでいます。

乳幼児の中には、上唇小帯が太くて目立ち、上の前歯の間を越えて歯ぐきの裏側にまで入り込んでいる場合があります。この状態を「上唇小帯付着異常」といい、歯並びが乱れたり、正しい発音ができなくなったりする原因にもなるのです。

成長するにつれて目立たなくなっていくこともあるのですが、改善がみられない場合は、上唇小帯を切除することもできます。当院では、レーザーを使って短時間で痛みも少ない手術を行っています。お子様の「上唇小帯」が気になる方は、一度ご相談ください。